2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

フォト

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月25日 (木)

リニューアル。

私が二胡を始めたのは2005年の10月です。
あれから9年が経ちました。
元々長く続けるつもりではいたのですが、
あっという間の9年間だったような気がします。
最初は@niftyの方で作っているHPの一部だったレッスン日記を
ブログとして独立させたのが2006年の11月。
それから昨日までは「弦(いと)をつむいで ~二胡レッスン記録~」というタイトルでやってきました。

ちょっとこのあたりで気分を変えてみたいということで、
ブログタイトルを「音十夜 ~我が盃は二胡である~」にしました。
サブタイトルでピンと来た方もいるかと思うのですが、
「音十夜」は夏目漱石の小説「夢十夜」が元ネタです。
ちょっと幻想的な内容の「夢十夜」。
私の好きな作品の1つです。


2014_09211027
上海の夜のように妖しい魅力をふりまく二胡を目指します。(笑)
請う、ご期待!

2年ぶりに上海へ……

9月19日~23日の日程で上海に行ってきました。
去年は検定試験に行っていないので、2年ぶりの上海です。
今回は20日の土曜日が試験。
8級はちょうど20日と21日の境目のところで、
後半の番号の人たちは21日が試験日でした。

いつもは私がクラスの通訳をしたり、
別のクラスの付き添いをしたりしていたのですが、
今年はウェイウェイ先生も来てくださったので、
私はおんぶに抱っこで気楽でした。
しかし気楽だからといって検定試験が簡単になるはずもなく……(^^;)

試験時間が9時~9時半だったので8時半にウェイウェイ先生と待ち合わせ。
8時45分くらいに試験会場のある棟に入って、待合室で待機。
その後、順に呼ばれて試験会場へと連れて行かれました。
30分に6人の受験生を審査するので、1人の持ち時間はあまりありません。
私はどちらかというと曲の後半で力を発揮するタイプで
出だしのところはあまり得意ではないのです。
なので今回はアタマのところを重点的に練習してきました。

最初に中国人の子どもたち3人が教室に入って試験。
そのあと、私たち3人が教室へ。
試験の順は私→ねーさん→ペコさん。
前回に続いて私が最初です。(^^;)
今回は練習曲は無しでいきなり曲から。
ここまで来たらやるしかないでしょ、ということで
「秦腔主题随想曲」を弾きました。
やっぱり出だしのところの迫力が足りない感じでしたが、
音程の狂いはほとんどなくて、あまり焦らずに弾けました。
が!
やっぱり練習でできないところは本番でもできない。(^^;)

そして秦腔は予想通りのところで止められ(本当はその先を弾きたかった!)
もう1曲弾くように言われました。
どうせ最後まで弾かないので「江南春色」でもよかったのですが、
ちょっと迷って「悲歌」を選択。
結局こちらも最後まで弾かず、途中で止められました。
最後まで弾きたい~~~

私の出来は練習のときの6割くらい。
二胡の道はなかなか険しいようです。


2014_09200573
試験のあと、ウェイウェイ先生と別れて我々は遊びに出かけました。
全然懲りてない3人です。(笑)
そしてその日の夜はウェイウェイ先生が一席設けてくださいました。
3級、6級、8級、10級のメンバーがそろってお食事。
緊張が解けたあとの食事会は楽しかったです。
次に検定試験を受けるのは2年後。
今度は数字譜の初見演奏があるらしい……
ま、いいか。

2014年9月15日 (月)

検定レッスン5回目

8月に検定の個人レッスン最終回をしていただく予定だったのですが
いろいろ事情がありまして、今日になりました。

ここまでの検定レッスンを振り返ると、
第1回: 練習曲2曲と「江南春色」「秦腔主题随想曲」の確認(音と指遣い)
第2回: 「悲歌」の確認(音と指遣い)
第3回: 個人レッスンでチェック
第4回: 全員の仕上がり具合をチェック
という感じでした。
そして今日は最後の個人レッスン。
他の2人はすでに終わってしまっているので
私が最後の最後になっちゃいました。(^^;)
あ~、ドキドキする~~~

【2014/09/14】
☆ 「秦腔主题随想曲」
☆ 「练习曲第3条」
☆ 「悲歌」
[注] 粘るところは音をつなぐ。指を滑らせて滑音を利用する。
[宿] 「音阶琶音练习第1条」「练习曲第3条」「江南春色」「秦腔主题随想曲」「悲歌」

まずは検定試験のときに弾く確率の高いものを、と言われて
「秦腔主题随想曲」を選んだ私は大バカです。
難しいって分かってるのに~
長くて疲れるって分かってるのに~
前半は緊張して音は外れるしリズムは乱れるし、
とにかくダメダメだったのですが、
後半になってちょっとだけ余裕が出てきました。
そうはいっても最初が肝心なので(←この間私が生徒に言ったばかりだ!)
出だしをしっかりやらなければなりません。

練習曲の方はいい感じで「これだけなら95点ぐらい」と言ってもらえました。
ただ、これも真ん中のところがちょっと危ない……

最後に「全部聴きましたよね!?」と聞かれて
「悲歌はまだ……」と答えると、それも弾いてみることになりました。
今までNPCで弾いていたところをPCにしてみるなど
この期に及んでの変更点があってドキドキですが、
これを試験官に指定されたら、それはそれでいいと思ってます。

レッスン後の雑談で、「飲み込みが速いですよね」という話になりました。
多分、ピアノや声楽をやっていたことが
経験として二胡にも活かされているのだろうと思います。

さて、次は検定試験本番。
19日の午後に上海に旅立ちます。
結果はあとからついてくる、ということで、とりあえず頑張ってきます。


2014_09142855
今日はレッスンの前に景気づけで
タリーズのパンプキンスワークルを飲んでみました。
スワークルの中では結構好きかも。
上海ではタリーズではなくてスタバをバリバリ利用してきます♪

2014年9月14日 (日)

検定レッスン4回目

久しぶりに3人でのレッスンでした。
ただし、グループでのレッスンはこれが最終回。
なぜなら20日が検定試験だからです。(@@;)
早い!
早過ぎる!
まだまだ先だと思っていたのに~

【2014/09/13】
☆ 「秦腔主题随想曲」
☆ 「江南春色」
☆ 「悲歌」
☆ 「练习曲第3条」
[注] 高音域の音程を正確に。「悲歌」は悲しみを表現すること。
[宿] 「音阶琶音练习第1条」「练习曲第3条」「江南春色」「秦腔主题随想曲」「悲歌」

実家に帰省していたときは、とくに遊びに出かけるところもなかったので
夜は家で二胡を練習していました。
前回よりは弾けるようになっていたのではないかと思います。
でも、暗譜は諦めました。
本当は暗譜でバリバリ弾きたかったんですけどね~

2014_09132843
そうそう、検定レッスンの前にカラオケボックスで練習したのですが
定員30名のパーティールームに通されました。(^^;)
2人だったのに。(笑)

気付けば定演まであと数回!?

昨日は久しぶりの二胡レッスン。
途中に帰省が入ったりしたので
気持ちよく前回のレッスン内容を忘れていたりします。(^^;)


【2014/09/13】
☆ 「Butterfly」
☆ 「上海ルンバ」
☆ 「紫陽花」
[注] 音をつなぐ。
[宿] 「练习曲12」「练习曲13」「紫陽花」「Butterfly」「上海ルンバ」

大合奏の曲を中心に一気に2曲やって、
最後にクラス曲を少しだけ。
ようやくパート分けも決まったので
これで練習に専念できます。(^^;)


2014_09130005
レッスン後は大戸屋でランチして、
その後カラオケボックスに向かいました。
カラオケボックスで秘密の練習……
いや、全然秘密じゃないですけど。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

my tweet

最近のトラックバック

MY SITE

blog ranking

FUNNY & CUTE

GOOD TASTE

無料ブログはココログ