2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

フォト

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月28日 (土)

「弾いていいとも!」 vol.9

1年に1回、毎年春に行われる教室の内輪向け発表会。
2005年10月に、この教室で二胡を習い始めてから
私にとっては6回目の「弾いていいとも!」が本日開催されました!
1回目(Vol.4)はクラスで最初の演奏をお披露目という場で
確か「田園春色」を弾いた記憶があります。
2回目はおとなしく見学、3回目は入院&手術直後で不参加、
4回目と5回目もおとなしく見学ってことで
ひたすら受け身な発表会だったのですが……
今年こそは何かエントリーしようということで、
ソロを1曲、デュオを1曲申し込みました。

2011_05280022

第1部が15組、第2部が16組のエントリーで、
まずは第1部の5番目に私のソロが……
「ロンドンデリーの歌」を弾いたんですが、
ありえないってくらいに前半で音をはずしてしまいました。
弾きながら「あちゃ~、やっちゃったよ……」と思いながら必死で修正。
1番の後半からようやく修正作業が功を奏して、
2番はほぼ思ったとおりに弾けました。
でも、曲って最初と最後が大事じゃない?
最後はわりといい感じになったと思うのですが、
何にせよ、出だしがまずかった……
後半は気持ちよかったんですけどね~
前半は弾いてて気持ち悪かったです。

第2部は10番目にデュオの「あなた」。
コンビ名は「ザ・ドーナッツ」。(笑)
こちらは白ワンピで統一して、ガンガン弾いてやりました。(≧∇≦)ノ
デュオの方はかなり好評で、みんなの頭の中には
私達の二胡の音ではなくて、小坂明子の歌が鳴っていたことでしょう。

で、教訓を2つ。
(1) 余程上手い人か、余程自信のある人以外はしっとりした曲を弾いてはいけない。
(2) 盛り上がりのあるメロディーラインのはっきりした曲は弾きやすい。
来年はこの教訓を生かして、アップテンポな曲を弾こうと決心しました。

そして最後に皆さんの演奏について。
上手か下手かは関係なく、みんな一生懸命に弾いていて
真摯でひたむきな姿がとてもよかったです。
私の今日の演奏は自分の目標から採点すると
ソロが30点、デュオが80点だったのですが、
それが現在の私の到達点だってことで納得しました。
いいんです、これから頑張れば。
ウェイウェイ先生にも
「みんなの前で弾く、こういう機会が大切です」
って言われたし。 (^^;;;)

2011年5月27日 (金)

そういえば……

検定試験の受験票をいただきました。
この間のレッスンのときにもらったんだけど忘れてたわ~(笑)
ウェイウェイ先生のご両親が15日に日本に来たので
そのときに持ってきてくださったみたいです。

2011_05210040
さあ、練習、練習。

おっと。
明日は「いいとも」だわ……

2011年5月21日 (土)

キビシ~~~ッ!

今日はレッスンの前に、ねーさんと合流して、
ザ・ドーナッツの練習をしました。(笑)
ほら、一人ならどうってことないんだけど
デュオなので、弓の動きとか合わせなきゃいけないところがあるし。

その後、ノンストップでレッスン。
実はこの2週間、全然練習する時間がなかったのでした。
だから全然進歩なし。
自分でもがっかりの音。orz
指は動かないし、音は外れるし。
「継続は力なり」ってのを身をもって体験しました。

【2011/05/21】
☆ 「火车开进彝家寨」
☆ 「喜送公粮」
[注] カデンツァは練習、練習! 16分音符は練習あるのみ。
[宿] 「音階琶音練習1」「練習曲6」「月夜」「喜送公粮」「火车开进彝家寨」「For You」「Nomad」

定演のクラス演奏曲は、カデンツァ部分(通称“サ”)は
一人ずつ順にソロで弾くことになりました。
はぁ~~~っ orz
私に弾けるんですかね??? (@@;)
せっかくの見せ場聴かせ場のところなのに
私がとちったら最低最悪の演奏になると思うんですけど……
ま、誰かがやらなきゃいけないのでやりますケド。


レッスン後は久々に「和民」で食べて……
2011_05210037
セブンイレブンで「ふわふわ ぱふサンド」を買ってきました。
パフの部分が意外にももっちりしてました。

2011年5月20日 (金)

夢胡蝶

ウェイウェイ先生の来日20周年記念コンサートでした。
生い立ちから、その音楽まで
ウェイウェイ先生の軌跡を一つずつ辿る旅。
自叙伝を読んだような感覚でした。
非常に面白い構成になっていたと思います。
ウェイウェイ先生が二胡を弾いているときは
指や運弓などをじーっと見ているのですが、
今回はバックでスライドや映像が流れていたので
あちらを見たりこちらを見たりで
結構見逃しちゃったところがあって残念!
ヘタクソはヘタクソなりに勉強したいんです。(^^;)

2011_05200021
お花もたくさん届いてました。

2011年5月 8日 (日)

3週連続レッスン……

今回は連休がはさまったので、若干練習の時間がとれました。
でも、思うほどには消化できてなかった…… orz

【2011/05/07】
☆ 「音階琶音練習1」
☆ 「練習曲6」
☆ 「火车开进彝家寨」
☆ 「For You」
☆ 「Nomad」
☆ 「喜送公粮」
[注] 音の強弱!
[宿] 「音階琶音練習1」「練習曲6」「月夜」「喜送公粮」「火车开进彝家寨」「For You」「Nomad」

もはやこのブログは反省日記と化しております。(爆)
「練習してる人としてない人の差が開いてきましたね」と言われ、ドキドキ……
心が痛みます。(泣)
次は2週間後なのでしっかり練習しよう~
今年度は定時制の仕事が週3回に減ったので(去年は週4回だった)
家に帰ってから練習できる日が1日増えたし……


2011_05080002
先週のレッスン時に山積みになっていた新しい曲集ですが
ようやく買えました。
ボチボチと弾いてみたいと思います。

それよりもPCが最近不調で突然落ちるので、
夏までに買い替えねばなりません。
そういえばこのPC、もう6年以上使ってるもんな~

そして、夏の上海行き。
今年もシルバーウィーク真っ只中なので飛行機のチケットが
どの航空会社も7万を超えてます。
チッ!(--#)
結局木曜日に昼までの仕事を終えてから
その足で成田直行→上海のコースでチケットを手配しました。
16時くらいの飛行機がよかったんだけど、
そう都合よく飛行機は飛んでくれないので、
18時くらいのANA便にしました。
帰りは羽田に戻ってきます。

さて。
目標も定まったし、ガンバロウ~

2011年5月 2日 (月)

デュオもエントリー

月末に教室の内輪の発表会があるのですが、
先日ソロでエントリーを入れました。
んでもってデュオもエントリーしてみました。

こういうのって年を重ねるごとに
ハードルが高くなるんですよね~(笑)
まだ習いたての頃は「初心者だから」ってことで
ヘタクソでも許してもらえると思うんですが。
私の場合、たとえ内輪向けであっても、
人様にお聞かせするのだからボロボロな演奏はしたくない。
となると、ある程度上達してからでないと弾けないわけで……
ところが二胡を始めて年月が過ぎてくると
(私は2005年10月に二胡を習い始めました)
「あの人、もう5年もやってるのに、この程度?」
「検定クラスなのに、あんなにヘタクソなの?」
って言われそうで、ますます弾けない……(T_T)
こういうときに、バシバシ人前で弾いて度胸をつけるのが
もっとも上達する方法だって分かってるんだけどね~

それより何より、一番気に病んでいるのは、
まだ自分のスタイルが確立していないってこと。
これが歌なら自分らしさがかなり出ると思うし、
私の声を知っている人が聴けば、私の歌だと認識できると思う。
でも、今のところ、私の二胡の音っていうのが定まってない。
弾き方も楽譜に忠実で、正しくは弾けてるんだけど、
自分の味ってものをそこにのせられない。

今回、「いいとも」(←内輪向け発表会のこと)に
ソロでエントリーした曲も、大好きで自分ではよく弾いてるんだけど、
そこに自分なりの味付けをすることができないのだった。
あ~、どんな風に弾こうかな~
なまじお手本があると、そのイメージが先行して
ますます自分の雰囲気ってものがなくなりそう……

そんなこんなで、ただいま試行錯誤中。
とりあえずイメトレ。
曲の雰囲気、方向性をイメージしながら
最終形態を探していこうと思います。


2011_05010024
今日はこんな画像をどうぞ。
赤貝煮です。
これ、島根ではよく食べるのです。
甘辛く煮付けてあって、故郷の味。
ご飯に混ぜて赤貝ご飯にしても美味しいのです。
東京では殻付きの赤貝ってなかなか売っていないので、
大久保の韓国食材屋さんで買ってきました。
今回の赤貝は身も大きくてぷりっとしていて美味しかったです。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

my tweet

最近のトラックバック

MY SITE

blog ranking

FUNNY & CUTE

GOOD TASTE

無料ブログはココログ