2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

フォト

« 二胡専門雑誌創刊!? | トップページ | 大地震 »

2011年3月 7日 (月)

天才と凡人

世の中には天才がいる。
世の中には凡人もいる。
私は間違いなく後者の方だ。

李白なんかは「酒一斗詩百篇」というくらいで
酒を飲めば飲むほど、何も考えなくても
いくらでも詩が湧き出てきたらしい。
こういうのが天才だ。
それに比べて杜甫は努力の人。
考えに考え抜いて、1句に心血注いだらしい。
凡人というには才能がありすぎるけれど
決して天才ではありえない。
なぜなら天才は考えなくてもそれしかないという言葉が出てくるから。

天才の二胡弾きは、難しいことを考えなくても
スッと胸の内に入ってくるような音を出し、
聴く人にさまざまな情景を見せてくれる。
そういう人は「どうやってそう弾いているのか」
自分ではわからないのだと思う。
ただ弾くだけそうなってしまうのだ。

私のような凡人はそういうわけにはいかない。
思ったところに指が動くように、
思った速さで指が動くように練習するしかない。
どうすれば効果的に聴こえるか、
どうすれば心地よく聴こえるか考えるしかない。
ただ気分で弾いていても、絶対にダメなのだ。
天才になりたかったと心から思う。

でも、私が天才だったら、きっと今頃ここにはいない。
音大に進んで声楽を専攻して、
いまはどこかの舞台に立っていたはずである。
才能がなかったから、今ここで二胡を弾いている。
これも何かの縁。
きっと、そう。
だから二胡の音を大切にしようと思う。
今まで出来なかった分まで思いを籠めて。。。


Nec_3834
そんなことを思ったのは、"Celtic Woman"の
"You Raise Me Up"を聴いていたからでした。
埼京線の車窓から見える池袋のホームが
映画の1シーンに見えて泣きたい気分になりました。

« 二胡専門雑誌創刊!? | トップページ | 大地震 »

コメント

天才は1%のひらめきと99%の努力で作られるんです、きっと。
あれ、、発明でしたっけ??
凡人は大木さんです、確か。

ワタクシなんか面倒なので努力すらしないタイプ。なので地底人の下に住むと言われている最低人と呼ばれております。凡人の域にすら達していない、チャンチャラおかしい野郎ですタイ!

>Jimmyさん
私も地道な努力が苦手で
今までそういうものを避けてきました。
今、ちょっと後悔してます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5607/51062613

この記事へのトラックバック一覧です: 天才と凡人:

« 二胡専門雑誌創刊!? | トップページ | 大地震 »

my tweet

最近のトラックバック

MY SITE

blog ranking

FUNNY & CUTE

GOOD TASTE

無料ブログはココログ