2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

フォト

« 第二バイオリン | トップページ | 二胡ケースが壊れた! »

2011年1月 8日 (土)

結局間に合わず……

正月休みの間に2~3曲は予習しておこうと思ったのに
結局、もらった楽譜の分しか練習できませんでした。orz
がっくり。。。

【2011/01/08】
☆ 音階琶音練習第1条
☆ 練習曲第3条
☆ 練習曲第4条
☆ 練習曲第7条
☆ 「喜送公粮」
☆ 「山村变了样」
[注] カデンツァは自由に。もっと滑音を。
[宿] 「音階琶音練習1」「音階琶音練習2」「音階琶音練習3」「練習曲1」「練習曲2」「練習曲3」「練習曲4」「練習曲7」「月夜」「摘棉」「喜送公粮」「山村变了样」「火车开进彝家寨」

やっぱり私、滑音が苦手なんだわ……
これができないと中国曲は中国らしく弾けない~
多分中国曲が中国らしく聴こえる8割くらいの要素は
滑音だと思うのよね……

ところで「喜送公粮」のカデンツァ部分(私達は“サ”って呼んでる・笑)を
一人ずつ弾いてチェックをしてもらったのですが、
私はまだ弾いてないのに「全員弾きましたね」と
4人弾いたところでチェック終了。orz
あうあう。
私って存在感ない~?
忘れられてる~?
クラスは5人しかいないのに~?(T_T)
ま、いいか。


2011_01080017
レッスンのあとはメンバー全員(5人で)
晩ご飯を食べに行きました。
前回行って結構野菜が食べられたので「しゃぶ葉」へ。
たらふく食べて、最後にデザートのアイスで終了。
1980円で食べ放題ってオトクだと思うのよね。

« 第二バイオリン | トップページ | 二胡ケースが壊れた! »

コメント

滑音?大丈夫です。ワタクシこう見えても、日本人が拉く中国曲を中国っぽいと思ったことがねーです。不幸せです。。。

>Jimmyさん
日本人でも中国曲を中国曲らしく弾けるはずなんです。
日本人の弾くショパンやモーツァルトだって素晴らしいんですから。
曲の背景などをちゃんと理解して曲を感じて弾けば
曲を作った人の思ったとおりに弾けるはずなんですよ~
私はまだそれを表現する技術がついていってないんですよね。
まだまだ勉強しなくちゃ。

その通りでございますね。

なんかワタクシ、あまりに中国っぽいものを聴かされてるせいか、ちっとやそっとでは『中国っぽい』とは思わなくなってしまったのです。お上手!とは思うのですが。。。

ワタクシある方から言われたのですが、技術は絶対に必要なんですけど、『ここはこう拉くんだ!』っていう強い指導がないと中国っぽくとか、上手い表現は出来ないなぁと。紙に書いてあることを読んだだけで曲の背景を理解するって言うのは日本人には難しいかなと。

西洋クラシックで評価されている日本人の方達っていうのは相当な指導を受けた方だろうなと思いますのね。。

まぁでも、ワタクシはそんなこと以前に音程が正しくないという致命的欠陥があるのでそこからなのですが(笑

>Jimmyさん
中国の曲を中国の曲たらしめている理由、
日本の曲を日本の曲たらしめている理由て
何なんでしょうね。
ちなみに私は日本の演歌や民謡はさっぱりです。
オペラのアリアは歌えるんですが。(@@;)
それ以前に練習、練習っと。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5607/50535834

この記事へのトラックバック一覧です: 結局間に合わず……:

« 第二バイオリン | トップページ | 二胡ケースが壊れた! »

my tweet

最近のトラックバック

MY SITE

blog ranking

FUNNY & CUTE

GOOD TASTE

無料ブログはココログ