2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

フォト

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 結局間に合わず…… »

2011年1月 4日 (火)

第二バイオリン

私は第二バイオリンである。
まあ、いきなりそんなことを言っても何のことやらさっぱり、
って感じだと思いますが。
世の中には頂点、トップに立って、その力を発揮する人と、
その次の地位にいて実力を発揮する人がいます。
私は完全に後者の方だってことです。

子どもの頃に合唱をやっていて気付いたのですが、
私は決して歌がヘタなほうではありませんでした。
でも、ファーストの位置ではなく、セカンドの位置でこそ
その実力が発揮できるんですね。
声質も音域も間違いなくソプラノ。
でも、もっともしっくり来るパートはメゾ・ソプラノ。
ソプラノがメロディーを歌い上げているとき、
アルトとソプラノの間で和声を完成させて
曲全体の雰囲気を作るメゾ。
これが私の立ち位置でした。

私の経験から言うと、ソプラノはメロディーであるがゆえに
周りが見えてない人がとっても多い。
でも、実際にはメゾやアルトが和音を奏でているから
厚みのある雰囲気のある音楽に成り立ってるわけです。
この雰囲気作りっていうのが私にはもっとも性に合ってるようです。

ピアノも同じ。
独奏だと平々凡々な私なのですが
伴奏だと結構いけてます。
メインの歌を盛り上げる伴奏。
どちらかというと裏方。(^^;)

二胡を弾くときも同じ。
誰かがメロディーを弾いているときに、
和声(とくにシャープやフラットのついた半音階とか大好き♪)を弾いて
曲全体の雰囲気を作るのが好き。
多分メロディーを弾いている人も
私が第二を弾いてると気持ちよく弾けてるんじゃないかと思います。
# じゃあ、私のような人がもう一人いて、
# その人が第二を弾いてくれたらどうなのか、って話ですが
# そうなればきっと私はメロディーを気持ちよく
# 奏でられそうな気がします。

結局私はナンバー2の位置にいるときが
一番実力を発揮できるような気がするんですね。
# 黒幕みたいなモノ?(笑)
明らかにソロ向きではない……
なのでアンサンブルをやりたいな~、と最近思うようになりました。
多分私と二胡のアンサンブルをやったら
みんな気持ちよくメロディーが弾けると思うよ。(笑)


2011_01040002
今日はカレーうどんの画像を貼り付けておきます。
今夜の晩ご飯。
年末から引きずってきた筑前煮がカレーに化けて
最終形態はカレーうどんになりました。
明日は冷凍庫に眠っているパンとメンチカツで
サンドイッチにして食べようと思います。
本文と関係ない写真でスミマセン。。。

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 結局間に合わず…… »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5607/50495230

この記事へのトラックバック一覧です: 第二バイオリン:

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 結局間に合わず…… »

my tweet

最近のトラックバック

MY SITE

blog ranking

FUNNY & CUTE

GOOD TASTE

無料ブログはココログ