2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

フォト

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月28日 (水)

ちねこが昨日(BlogPet)

昨日、ちねこが
ちねこが昨日、ちねこがあっという間にしてから久しぶりをずっとつぶに入れたままだったの.
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「sora」が書きました。

2007年2月24日 (土)

あっという間に2月が終わる……

早いもので、今のクラスに入って4ヶ月が経ちました。
90分のレッスンの中ほどで5分間の休憩があるのですが
それぞれの持っている二胡について
キャアキャア言っていたら、
「井戸端会議が始まっちゃいましたね」
と先生に言われちゃいました。(笑)

【2007/02/24】
☆ D調ポジションチェンジ音階
☆ ビブラート
☆ 「蘇州夜曲」
☆ 「何日君再来」(17小節目まで)
[宿] 「何日君再来」の17小節目まで。
[注] ビブラートはゆっくりめに。

「何日君再来」はやっぱり難しい。
曲を知っているので歌うように弾きたいけれど
まずは正確に音を奏でることが大事ですね。

2007_02240008
今日もまぐっちは目がすわってます。
なーんでこんなに目つきが悪いんでちゅかね?

2007年2月22日 (木)

もう一度音階から……

ここのところ帰りが遅かったりして
なかなか二胡が触れませんでした。
今日は仕事が休みだったので、
家での仕事の合間に二胡の練習で気分転換。
前回のレッスンで千金の位置を上げたので、
慣れるためにもう一度音階から一つ一つ確認。
D調の音階と換把をやって、
D調の練習曲と「在北京的金山上」「蘇州夜曲」を
細かく分解して練習。
さらにG調まで進んで、音階と換把、練習曲。
指の間隔も少しずつ慣れてきました。
でも、ときどき指がすべる……
あ。
爪が長かったんだ。
切らなきゃ。

P2220014
むかーしソウルで買ったチマチョゴリを引っ張り出して
写真を撮ってみました。
3泊4日の旅だったけどオーダーメイドで作っちゃいました。
でも、ずっと出してなかったから折り目がついちゃってる……(T_T)
アイロン当てればきれいになるかな~

2007年2月21日 (水)

きょうちねこの(BlogPet)

きょうちねこの、再来したよ♪
蘇州で夜曲が再来した。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「sora」が書きました。

2007年2月15日 (木)

何日君再来

「夜来香」「何日君再来」「蘇州夜曲」の3曲は
私の中では「中国で演奏してはいけない3大タブー曲」として
位置づけられている。
その曲のできた経緯、曲が演奏されていた理由などを考えれば
それは当然のことなのだけれど、
若い人たちの中にはそれを知らない人も多い。
私はたまたま中国語を教えるという仕事をしていて、
日中関係を詳しく知らなければならないという事情があった。

それでも、いずれの曲も曲としては素晴らしい。
それぞれをこだわり無く中国で演奏できる日が
いつか来ればいいな、と思う。
実は日本の国歌「君が代」も、
とても美しいメロディを持っている。
二胡で「君が代」を普通に演奏できる日が来れば
本当にうれしいと思っている。

2007_02150020
春になったので、
キッチンと廊下を仕切るドアに
ジェルジェムを貼ってみました。

2007年2月14日 (水)

とか思ってるよ(BlogPet)

ちねこが
昨日、ちねこが引っ越ししてから久しぶりをずっとつぶに入れたままだったのでとりあえ.
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「sora」が書きました。

2007年2月11日 (日)

つぶ

私は子どもの頃、ピアノを習っていたのですが、
そのとき、いつも言われていたのが
「粒が揃っていない」ということ。
指が滑ってしまって、きちんと拍を刻んでいないのですね。
だからハノンは苦手でした。
で、よくリズム練習をさせられました。(^^;
この傾向はやっぱり二胡でも出てきます。
気をつけていても、微妙に早く指が動いたりします。
プラスして、自転車事故でヒビを入れた薬指のせいで、
左手の指が均等に開きません。
欠点は分かっているのになかなか直らない~
でも、ピアノも二胡も基礎練習があってこその曲だから、
きっちり練習しておきたいですね。
とくに、昨夜のレッスンで千金の位置を上げたので、
指の間隔も全体的に広がることになりました。
もう一度音階から練習、練習。

2007_02110013
練習の合間にはとっておきのカップで
コーヒーを……

2007年2月10日 (土)

2月のレッスン

今日もちょっと早めにスタジオ入り。
ちょうど前のクラスのレッスンが終わるところでした。
ふと見れば、ウェイウェイ先生がいらっしゃる!
わあ、久しぶりだわ。
その後、ちょっと時間があったので、
私の同僚とウェイウェイ先生が日中学院で同級だった話などをして、
ちょこっとだけ盛り上がりました。
で、私が椅子に座って二胡を取り出したところ、
他の生徒さんの二胡選びを手伝っていたウェイウェイ先生が
サラサラ~っと二胡を弾き始めました。
先生が弾くと、音階も豊かな音色で、思わずひき込まれてしまいます。
私もいつかあんな風になれたら、と思います。

さて、本日のレッスン。
【2007/02/10】
☆ D調ポジションチェンジ音階
☆ ビブラート
☆ 「何日君再来」(最初の8小節)
☆ 「蘇州夜曲」を全員で弾いたあと、一人ずつ演奏。
[宿] 「何日君再来」の最初の8小節分。
   「蘇州夜曲」をもう1度。
[注] 運弓のときは弓を信じて、思い切って大きい音や繊細な小さい音を弾く。
   音の響きをお腹で感じて。弓が動くとき、お腹に響く感じ。
   伝えたいことを音で表現する。
   弓を引いていったときは腕の付け根が広がる感じで。

レッスン後、ウェイウェイ先生の「千金の位置がもう少し高い方がいいのでは?」
という指摘を受け、千金の位置を上げました。
今までと感覚が若干違うと思うので、これでしばらく練習してみま~す。

P2100010
もうすぐバレンタイン・デーですね。
中国語では情人節。
私は昨日2個、今日も2個買いました。
全部自分用ですが、写真で皆様におすそ分け。

2007年2月 7日 (水)

ちねこが(BlogPet)

きのうsoraが、レッスン引っ越ししたかった。


ちねこが、ネットで事情とか、生徒を授業したかったと、s o r aが思ってるの。
*.



*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「sora」が書きました。

2007年2月 6日 (火)

授業で二胡

今日は久しぶりに二胡を持って出かけました。
昼間の授業でちょっとだけ生徒に触らせるため。

中国語の授業っていうのは
中国語だけ教えればいいのではなくて、
現代中国事情、日中関係、中国の歴史と地理、中国文化といった
多岐にわたる講座になってしまいます。
なので、文化の一環として、二胡。
# 本当は中国独楽やジエンズ(蹴鞠のようなもので羽根が付いている)
# などもやりたいのですが、教室では狭くて……
というわけで、午前のクラスと午後のクラスでは
私がちょっと二胡を弾き、希望者には二胡を弾かせちゃう、
という授業を10~15分程やりました。
結構みんな興味津々で「初めて間近で見た」
「初めて触った」と喜んでくれました。
夜は定時制のクラス。
こちらは外国人生徒に国語&日本語を教えるのですが、
ちょうど「趣味」という教材を読んでいるところだったので、
「私の趣味」ということで二胡をちょこっとだけ弾いて、
やっぱり生徒に二胡を触ってもらいました。
こわごわだったりおずおずだったりでしたが、
それなりにみんな楽しんでくれてよかったなあ、と思いました。

むぅ。
下手な感想文みたいになっちゃった。

2007_02050032
こちらは昨夜のまぐっちさん。
「あたちはお姫ちゃまなのよっ」と言ってます。
1歳過ぎても、ますます元気なまぐっち。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

my tweet

最近のトラックバック

MY SITE

blog ranking

FUNNY & CUTE

GOOD TASTE

無料ブログはココログ