2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

フォト

トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月29日 (水)

二胡のペンダントヘッド

二胡のペンダントヘッドを見つけました!
何となくヤフオクを覗いていたら、
くりくり工房さんが二胡のブローチや
ネックレス等を出品しているのを発見。
シルバー925で3500円か~
くりくり工房さんのHPに飛んで、
直接メールのやり取りをした結果、
ペンダントヘッドを購入することに決めました。
Pb290014
長さ6cmほどの小さくて銀色の二胡。
なかなかかわいいじゃないですか。
明日早速浅草橋のシルバーアクセサリーのお店で
シルバーのチェーンを買ってきます!
# こういうことだけは素早い……

そうそう。
1月のレッスンは13日と27日です。

2006年11月27日 (月)

きょうは(BlogPet)

きょうsoraがピアノに合唱しなかった?
きょうは、ちねこの高校に合唱しないです。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「sora」が書きました。

2006年11月25日 (土)

新しいクラスでの第2回目!

今日も私は早く教室に入ったので、
自分のクラス(爽音越空)のクラス演奏を先に見せてもらいました。
# 今日は爽音越空から編入した人が私だけだったのよね。
# 「他の人に見られたくないの?」と先生に聞かれましたが
# そうではなくて、あえて私一人のために
# 貴重なレッスン時間が減っちゃ申し訳ないと思っただけなのよ~
ちなみに、懸案のスカボロ・フェアは、
なかなかいい出来でした。(^^)v
1コーラスと2コーラスは若干揃ってない部分があったり、
外弦四指の音が不安定だったりしたけど、
3コーラス目はぴったり揃っていて、かなりよかったと思います。
これでホッと一息。
で、以下、レッスン記録。

【2006/11/25】
☆ 前回休んだメンバーの紹介
☆ 定期演奏会のクラス演奏(玉響)のDVD鑑賞
☆ ビブラートの復習
☆ 一指の換把練習 (1)
☆ D調の換把(ポジションチェンジ)
☆ 一指の換把練習 (2)
[注] ビブラート時は親指と人差し指の水かき部分(?)で棹をはさむように。
   できるだけゆっくりのビブラートで。
   ポジションチェンジで腕を上げるとき、慌てないように。
   開放弦だけが突出した音にならないように。
   第2ポジション時の内弦と外弦の四指の位置の違いに注意。
   「一指の換把練習 (2)」は全体にニュアンスをつけて弾く。
[宿] 「D調のポジションチェンジの音階」「一指換把練習 (2)」 

なかなか滑らかな動きになりません。
性格の大雑把さがこんなところで障害になりそうです。(≧∇≦)ノ
ところで、レッスンの最後に、
来年4月から新しい検定クラスができることが発表されました。
3級からのチャレンジになるらしい。
たまたまレッスンの前に、以前のS先生がいらしたので
「chinekoさんも目標としていいんじゃない?」と言われましたが、
3級のレベルがよくわからないので何ともいえない……
検定クラスって、今度できたらまたしばらくはできないのかなあ?
まあ、その件はゆるゆる考えることにして、
とりあえずはD調とG調のポジションチェンジの練習ですね。
あ。
そだそだ。
来年の定演も決まったみたいです。
9月22日(土)に品川のきゅりあんだそうです~

_pb250037_1
_pb250049
玉響の元からのメンバーさんたちは
定演の打ち上げに行ったみたいなのですが、
私は誘われなかった(っていうか、打ち上げだから当然だろう)ので
家の近所まで帰ってから、
お決まりの「北京家庭菜」に寄って晩ご飯を食べました。
砂肝と胡瓜の前菜、鉄板餃子、炒飯にしました。
会計を間違えられたので指摘して450円バック。
残った炒飯はテイクアウトにして持って帰りました。

2006年11月24日 (金)

二胡の音色

琴馬(駒)の下に置くフェルトを、
思い切って変えてみました。

今まではわりと厚めにしていて
琴皮がピンと張り詰めた状態でした。
Pb230005
まあ、それはそれでよかったんだけど。
フェルトを交換するついでに、
フェルトの色もモモちゃんの色に変えて……
あと、厚さを若干薄くしてみました。
Pb230021_1
そしたらば。
今までよりも甘~い音が出るようになりました。
ちょっとしたことで音色って変わるんですね。
あっちこっちをいじったら、結構いろいろな音色が出せるかも。
こういう細かいこと、意外と好きなんです。
でも、いじり始めるとキリがないので、
今はフェルト交換だけにしておきます。

2006年11月23日 (木)

我的二胡

中国語で“我的”というのは「私の」という意味。
つまり、私の二胡のご紹介、というわけだ。

現在使っている二胡は、(初心者のくせに)3本目だ。
最初のものは北京で300元(当時のレートで5000円くらい)で
買ってきた民芸品クラスのもの。
これはヒマなときにギーギーやっていたが
自分の技術もなく、二胡もよくなかったので
ちゃんとした音が出たことはない。
現在はケースに入れて箪笥の上で眠っている。
2本目の二胡は、日本で7000円程で手に入れた犬皮のもの。
「安くてよかった!」と思っていたけど、
やっぱり犬と蛇では全然違うってことがわかってきた。
そんなわけでこちらも現在は箪笥の上で眠っている。
それでも、調弦程度に、たまに引っ張り出して弾いてみてるけども。

そして3本目。
去年の12月、日本の中国楽器屋さんで衝動買いしたもの。
私はこの二胡を「明月」と名づけてかわいがっている。
なぜ「明月」かというと……
Pb230006_1
棹の部分に「明月松間照清泉石上流
(明るい月が松の間を照らし、清らかな泉が石の上を流れる)」
と銀糸で刻されているから。
この詩は私の大好きな詩人、王維の句。
Pb230007_1
棹の裏面には松の間から月を眺める老人が刻されている。
この老人、もしかしたら王維なのかもしれないな。
そして「明月」ちゃんは、その名のとおり、明るい音を奏でてくれる。
蛇皮もなかなかのもの。
Pb230004
大きいだけでなく、整った鱗。
ヘビは嫌いだけど、この皮にはホレボレする。
以前、中国人の同僚が「ニシキヘビの皮は美しい」と言ったとき
「そんなバカなことがあるかいっ」と思ったけど、
今は素直に「美しい」と思える。
蛇の皮は、鳴らせば鳴らすほどいい音を奏でるようになるらしい。
ということは、練習したかしないかが
技術以前に音として表れてしまうというわけ。
いつだったか先生に
「chinekoさんの二胡はいい音が鳴るようになってきましたね」
と言われたけど、いつもこの二胡の音を聴いている私は気づかなかった。
……不覚。
でも、もっともっといい音が鳴るはず。
いい音が鳴るように練習しなきゃね。

でも~
実は一番自慢の二胡はコレなのだ! (^^)v
Pb230011_1
12cmくらいのモモが自慢気に抱えている二胡。
これは装飾用のものなんだけど、
何とかモモの腕に持たせて、二胡ケースに付けている。
これが結構評判がいい。
二胡教室の中でも評判になっている(と思う)。
もし、二胡を抱えたモモのついた二胡ケースを見かけたら
ぜひ、声をかけてね。

2006年11月20日 (月)

とか思ってるよ(BlogPet)

昨日、ちねこが
仕事の割りに、変則的な換なので(ローテーションは決まってる)最近、帰りが遅い.
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「sora」が書きました。

2006年11月19日 (日)

換把の応用をしてみる

私の編入したクラスは去年の4月開講、
私は去年の10月からスタートなので、
半年ほど早く進んでいる……
なので、私は今、ちんたらとD調の換把をやっているけれど
クラスの方々はすでにG調の換把を終えているわけ。
とすれば、自分でG調の換把も練習するしかないなあ、ということで、
今日は久しぶりに真面目に練習。
とはいえ、D調とG調では“♯”が1つ違うだけだから
基本はほとんど同じだと思うんだよね。
そんなわけで、D調の換把の復習から始めて、
G調の練習曲まで一通りやってみた。
ポジションチェンジが頻繁になると
手の形、腕の形を忘れてしまいがち。
気をつけなきゃな~
鏡を見て練習したいけど、今の環境じゃ無理。
引っ越ししたら、鏡に映る自分を見ながら練習しなきゃね。

Pb190013
子どもの頃によく食べたのは神田精養軒のマドレーヌ。
だから、マドレーヌっていうのはこういうお菓子だって
ずっと思っていたのよね~
貝の形のマドレーヌは「ニセモノ」って思ってたけど、
世間一般では貝型の方が正統なのよね?
でも、いいんだ。
私にとってのマドレーヌは、これ。
もそもそと懐かしい味が口いっぱいに広がる。

2006年11月17日 (金)

毎日遅くて……

仕事の割りに、変則的な生活なので(ローテーションは決まってる)
最近、帰りが遅いのだ……
遅くなるのは火、木、金。
先週も今週も水曜日に食事会があったので
月曜以外は連チャンで遅帰り。
そんなわけで、二胡の練習を全然してないのだ~
やっぱり音の出るものだから、
消音器をつけていても、
夜中にはちょっと練習しにくいのよね。

ああ、二胡を弾きたいなあ。

Pb160031
今日は仕事の移動の途中でスタバによって、
チョコミントモカフラペを飲みました。
ん?
食べましたって言う方が正確か???

2006年11月 7日 (火)

蘇州夜曲

子供の頃からピアノを習っていて、
小学校に入ってから合唱を始め、
高校に入ってからは声楽(クラシック)を習い始めた。
そんな音楽的な生活も高校卒業とともに終わった。
なぜなら私が入った大学は音楽と全く関係なかったし、
ワンルームの部屋で音楽を続けるには部屋が狭すぎた。

そうは言っても、私は練習が大嫌いだった。(^^;
だって練習曲はつまらなかったし、
ピアノなんか全然上達しなかったんだもん。
ベートーベンのピアノソナタもバッハのフランス組曲も
イタリア歌曲もオペラアリア集も
演奏するのは好きだったけれど
練習は大・大・大嫌いだったのだ。

でも、三十歳を過ぎてから習い始めた二胡は
何となく練習を続けている。
何しろ、ずっとやりたかったのだ。
中国の公園で、無造作に何気なく弾く老人達、
楽しそうに歌に合わせて実に上手く弾く。
ずっとずっとうらやましかった。
女子十二楽坊なんかが出てくるよりずっと前の話だ。

今はちょっとずつ練習して
昨日より今日、今日より明日、少しずつ少しずつ、
できなかったことができるようになるのがうれしい。
もちろん、若かった頃に始めていれば
もっとずっと早く上達できたに違いないけれど
今更言ってもそれは仕方ないことだ。

そして今夜は、きっと頭上にあるであろう十六夜の月を想いながら
蘇州夜曲を弾いてみる。

Pb070026
今日は、十六夜。

2006年11月 5日 (日)

換把

ちょっと練習してみました。
昨日よりは少しスムーズにできるかも。
調子に乗って練習曲の「蘇州夜曲」を弾いてみたり、
G調のポジションチェンジまで見てみたり。
一度にたくさんやっても、こういうのはダメなのにね~

Pb050006
なぜか最近、とても愛想のいい猫。
ノラなんだけどブシュカと呼んでます。
いつもブシュッ、ブシュッとくしゃみをしてるから。
とにかく撫でてほしいらしい。

心機一転

今日からクラスが変わりました。
今までのなじみのクラスを離れて
新しいクラスでのレッスンは緊張の連続~
だってみんな私より半年ほど先輩なんだものね~

というわけで。
本日のレッスン。

【2006/11/04】
☆ 自己紹介。
☆ D調の換把(ポジションチェンジ)
☆ 一指の換把練習
[注] 弓の向きが斜めにならないように。
  下向きの換把のときは肘から下げる。
  上向きの換把のときは手首から上げる。
[宿] 「D調のポジションチェンジの音階」「一指換把練習 (1)」  

Pb040067_1


お昼に食べたクロックムッシュ。
結構ドトールが好きなのよ。

2006年11月 4日 (土)

二胡日記を始めます。

1年前に始めた二胡。
今まではHTMLで書いてたけど、
せっかくブログのスペースがあいていることだし、
ちょっとこっちで書いてみようかと思ったのでした。
とりあえず、以前のものを移植。

----------------------------------------
【2005/10/15】
☆ 自己紹介。講師紹介。
☆ 姿勢。弓の持ち方。外弦の演奏。内弦の演奏。
[注] 弓は体と平行に。弓は地面と平行に。
----------------------------------------
【2005/10/29】
☆ リズムの取り方。換弦。
[注] 換弦は滑らかに。換弦のときは弓の配分に注意。
----------------------------------------
【2005/11/05】
☆ 一指の練習。「風鈴の歌」
☆ 二指の練習。「子守歌」
[注] 指の押さえ方に注意。指の保留。
----------------------------------------
【2005/11/26】
☆ 一指~ニ指の復習。
☆ 三指の練習。
[注] 指の保留に注意。
----------------------------------------
【2005/12/03】
☆ 一指~三指の復習。「White Chtistmas」「キラキラ星」
[宿] キラキラ星の変奏曲を作って次回のレッスンで発表。
----------------------------------------
【2005/12/10】
☆ 「キラキラ星」の変奏曲を発表。
☆ 「簫」
☆ 四指の練習。
[宿] 「一~四指の練習曲1」
[注] 指全体を開くこと。
----------------------------------------
【2006/01/14】
☆ 四指の練習。
☆ 「一~四指の練習曲1」
[注] 指の保留。音階が下がってくるときの指の押さえ方。
----------------------------------------
【2006/01/21】
☆ 「簫」の個人演奏。
☆ 「一~四指の練習曲2」「エーテルワイス」
[注] アクセントのつけ方。指に弾力性をつける。
----------------------------------------
【2006/02/04】
☆ 「換弦練習曲」
☆ 「朧月夜」
[注] 滑音の練習。
----------------------------------------
【2006/02/25】
☆ ヴィブラートの演奏法。
☆ D調の練習曲。
[注] ビブラートのスピードに注意。ビブラートは常に練習すること。
----------------------------------------
【2006/03/11】
☆ 「田園春色」
[注] 滑音の練習。
----------------------------------------
【2006/03/25】
☆ 「田園春色」「オールド・ブラック・ジョー」
[注] ピチカートの奏法。装飾音のつけ方。
----------------------------------------
【2006/04/26】
☆ 「田園春色」「オールド・ブラック・ジョー」
[宿] 「思念」
[注] 音に表情をつける。
----------------------------------------
【2006/04/26】
☆ 「田園春色」の個人演奏。
☆ 「オールド・ブラック・ジョー」の個人演奏。
☆ 「思念」
[宿] 「鳳陽花鼓」
[注] お互いに音を聴きあって合奏する。
----------------------------------------
【2006/05/6】
☆ 「思念」「鳳陽花鼓」
[宿] 「瑪依拉」
[注] 合奏するときの心得。
----------------------------------------
【2006/05/20】
§ 弾いていいとも vol.4 (@青山社交倶楽部)
☆ 「田園春色」の発表
----------------------------------------
【2006/05/27】
☆ 「思念」の個人演奏(アンサンブル)
☆ 「鳳陽花鼓」「瑪依拉」
☆ 「紫竹調」「Girls in a skirt」
[注] ビブラートの練習をしっかりすること。滑音と装飾音をつけること。
----------------------------------------
【2006/06/03】
☆ 「鳳陽花鼓」の個人演奏
☆ 「瑪依拉」「紫竹調」「Girls in a skirt」
[宿] 「八月桂花遍地開」
[注] 「紫竹調」の装飾音の付け方。「Girls in a skirt」の曲のイメージについて。
  「瑪依拉」「紫竹調」は次回で終了。「八月桂花遍地開」が終わったらG調へ。
----------------------------------------
【2006/06/17】
☆ 「瑪依拉」「紫竹調」の個人演奏
☆ 「Girls in a skirt」
☆ G調
[宿] G調練習曲1、G調練習曲2、「山青水秀好風光」「赤い花白い花」
[注] G調の楽譜の読み方。
----------------------------------------
【2006/07/08】
(仕事のため欠席)
----------------------------------------
【2006/07/20】
(振替レッスン → 体調不良のため欠席)
----------------------------------------
【2006/07/22】
(旅行のため欠席)
----------------------------------------
【2006/08/05】
(レッスン前に、前回の振替レッスンを含む)
☆ 「スカボロ・フェア」
☆ 「Nomad」「在北京的金山上」「彩雲追月」
☆ 「別れのブルース」
[注] 各パート確認。
----------------------------------------
【2006/09/02】
☆ 「スカボロ・フェア」
☆ 「Nomad」「在北京的金山上」「彩雲追月」
☆ 「別れのブルース」「旅人よ」
[注] 「スカボロ・フェア」のパート決定。「在北京的金山上」のリズムに注意。
----------------------------------------
【2006/09/09】
☆ 「スカボロ・フェア」
☆ 「Nomad」「在北京的金山上」「彩雲追月」
☆ 「別れのブルース」「旅人よ」
[宿] 「八月桂花遍地開」「太湖船」
[注] 「別れのブルース」「旅人よ」の半音に注意。
----------------------------------------
【2006/09/23】
☆ 「スカボロ・フェア」
☆ 「Nomad」「在北京的金山上」「彩雲追月」
☆ 「別れのブルース」「旅人よ」
[注] 曲にのって演奏を。
----------------------------------------
【2006/09/30】
☆定期演奏会のための合同レッスン(リハーサル)
☆「Nomad」「在北京的金山上」「彩雲追月」
[注] それぞれの曲調で気分を変える。強弱に注意。
----------------------------------------
【2006/10/01】
☆定期演奏会のための合同レッスン(リハーサル)
☆ 「スカボロ・フェア」
[注] 流れるように。間奏に新しく演奏を追加。出入りの仕方。
----------------------------------------
【2006/10/07】
☆ 「スカボロ・フェア」
☆ 「Nomad」「在北京的金山上」「彩雲追月」
☆ 「別れのブルース」「旅人よ」
☆ 「太湖船」
[注] 前回のリハの反省を含めて。出だしに注意。
   次回はG調の第2ポジション。
----------------------------------------
【2006/10/21】
☆定期演奏会 (@めぐろパーシモンホール)
----------------------------------------

Pb030031
「あだち国際まつり」に行ったので、
ブリトーを食べました。
ソーセージがウマイ。


トップページ | 2006年12月 »

my tweet

最近のトラックバック

MY SITE

blog ranking

FUNNY & CUTE

GOOD TASTE

無料ブログはココログ