2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フォト

2018年6月23日 (土)

ジャズっぽい!

6月は超・超・超忙しい時期。
土日返上で仕事です。
なので今回は全く二胡に触れず、レッスン。


【2018/06/23】
☆ 「練習曲 No.2」
☆ 「Alfee」
[注] 音のしぼり方。連弓の意味。
[宿] 「Alfee」「練習曲 No.2」「Mysty」「女人花」


勉強になります。
ジャズの手法で、譜面よりも音のつながりが大切で、
自分のものにできれば自分なりの曲に仕上がりそう。
こういう感じの曲って好きです。
やってて楽しい。
とはいっても、楽譜ってありがたいんですけどね。


2018_06233567
レッスン後は、カフェで。

どんどん進む!

スペインが終わってアルハンブラ。
そっち方面が続きます。(笑)


【2018/06/09】
☆ 「Alhambra」
[注] 曲調の変化。
[宿] 「Alhambra」「Alfee」「練習曲 No.2」


曲調の違いをどう表現するか、
そのあたりのコツが少しわかってきました。
まだまだ入口ですが。


2018_06090053
レッスン後は両国に直行して、
ちょっと早めの誕生祝いをしてもらいました。
ムフッ!(笑)

2018年5月26日 (土)

4回目

いよいよポジション移動です。


【2018/05/20】
☆ ポジション移動
☆ 音程
☆ リズム
[宿] 「Etude」


ただ、なかなか音程が安定しなくて……
リズムは全く苦労せず取れるのですが、
音程はやっぱり難しい。
いや、音程が分からないんじゃないんです。
音程はわかってるんだけど、
「ここだ」と思って押さえたところが
微妙にずれてるってことで……
迷わず正しい位置に指が行くようにするには
練習しかないってことですよね。


2018_05192035
新しいスタジオ。
結構音が響きます。

楽譜は目安

アランフェスからスペイン。
曲調の変化がまたカッコイイ。


【2018/05/19】
☆ 「Spain」
☆ 「アルハンブラ」
[注] アドリブ。
[宿] 「アルハンブラ」


アランフェスの哀愁を帯びた静的なメロディから
スペインのリズム感溢れる動的なメロディ。
さらにスペインの中でも細かく拍を刻むところや
大きくテンポを揺らすところがあったりして
変化にとんだ演奏が求められます。
これは絶対に自分の持ちネタとして押さえておきたいです。
そして一転、アルハンブラ。
こちらはメロディックなラインが静かに続いて
マイナーコードとメジャーコードの対比がまた面白い。

初めの頃は音を出すだけで精一杯、
そしてそのあとは音符を追うだけで精一杯だったのですが、
今は少し成長してきた気がします。


2018_05190087
レッスン後。
五反田のデビルクラフトでシカゴピザ。
美味し。

2018年5月18日 (金)

「Spain」が形になってきました!

連休中、家で仕事をしているときの気分転換として
二胡を取り出しては弾いていました。
完璧には弾けないのですが
「Spain」が楽しく弾けるようになってきました。


【2018/05/12】
☆ 「Spain」
☆ 「アルハンブラ」
[注] 曲のイメージに合った響きで。
[宿] 「Spain」「アルハンブラ」


まだまだ指がもつれるところもあるし、
うっかりしていると拍を間違えるときもあるのですが、
とにかく楽しい。
この曲を弾いて他の人を楽しませるところまではいきませんが、
今は自分が弾いて楽しいという状態を楽しみたい(?)と思っています。
こういうリズム感のある曲は好きだし、何よりカッコイイので、
絶対に自分のレパートリーに入れたい!
「悠久の音色」的な二胡でこんな曲も演奏できるんですよ、
というのも表現したいし。
若い頃は声楽をやっていたので自分の声で歌えたのですが
今はすっかり声が出なくなったので、二胡は自分の声の代わり。
なので、いろいろな歌を歌わせてやりたいんですよね。


2018_05121841
そうそう、今回がこのクラスでは初スタジオのレッスンでした。
人数が多いので並びが結構大変です。(笑)
そうそう、「奔驰在千里草原」はフェイドアウト。
いつの間にか忘れ去られてしまったようです。
ま、いいか。(笑)

«約1ヶ月ぶりのレッスン!

my tweet

最近のトラックバック

MY SITE

blog ranking

FUNNY & CUTE

GOOD TASTE

無料ブログはココログ