2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

フォト

2018年11月 5日 (月)

9回目 +α

弾けるようになってくると
他の人たちと一緒に演奏したくなります。
そのあたりが今回のポイント。


【2018/11/04】
☆ 二胡でセッション
☆ 二胡を楽しむ方法
☆ Eine Kleine Nachatmusik
☆ The Entertainer
[宿] 「The Entertainer」


合わせ方、譜読みの方法などを勉強しました。
ただしこれは二胡や音楽に限りません。
実は私の本業でも同じことが言えるのです。
ここまで9回の講座を通して、
細かい差はあれ、何でも同じなのだな、ということを
改めて感じました。

さあ、いよいよ次回は最終回!
無事に卒業できるのでしょうか??? (@@;)


2018_11059261
今年の定演用の衣装(小道具?」の帽子を買いました。
滅多に帽子はかぶらないので、最初で最後の帽子かも。(笑)

8回目

全10回のコースのうち、
とうとう8回目が終了しました。
ちゃんと自分の身になっているのか不安です。


【2018/10/28】
☆ 五線譜
☆ 二胡を楽しむ方法
☆ The Entertainer
[宿] 「The Entertainer」


二胡を楽しむためには楽譜も読めなければならないし、
音も正確に取れなくてはいけません。
そうでないとただの騒音になっちゃいますからね……
私は幸い子どもの頃に音楽をやっていたので
ある程度の訓練をしているわけですが、
大人になってから音楽をスタートした人たちに対して
どのようにアプローチするのかがテーマです。
自分を[無]にしてやってみましょう。


2018_10288903
今回のレッスンはいつもより遅い時間帯だったので
衣装をチェックしがてら近所のお店でお昼を食べてから
レッスンに向かいました。

私はうまく踊れない

えっと。
今回は踊りが入ります。
が!
踊れません!(笑)
私、そういうのは得意ではないのです。(^^;)


【2018/10/27】
☆ 「Spain」
☆ 「This is me」
☆ 「The Greatest Show」
[注] ダンスを覚える。
[宿] 「Spain」「This is me」「The Greatest Show」


初めて振り付けを見せてもらいましたが
踊れる気がしません。
というか、踊りながら弾く自信がありません。(^^;)
どうなることやら……
しかも次のレッスンはもうバンドリハですし……


2018_10278797
意気消沈しつつビールを飲む我々。
明るい未来はやってくるのでしょうか……

2018年10月18日 (木)

7回目

折り返し地点を過ぎました。
残り4回!


【2018/10/14】
☆ C調
☆ 五線譜
☆ The Entertainer
[宿] 「The Entertainer」


私は初心者だった頃、クラス移動の関係で
C調は勉強していなかったのでした。
なので今回のレッスンは自分の練習にもなって
とてもよかったです。
そして五線譜。
今や数字譜よりも五線譜で弾くことが多くなりましたが、
まだまだ世の中の二胡のテキストは数字譜が主流。
でも、五線譜で弾ければ、楽譜になっている曲なら
どんな曲でも弾けるようになるわけですからね。
これはぜひマスターしてほしいところです。

そして、エンターテイナー。
とても楽しい曲です。
ディズニーでもこの曲がかかっているのを何度も聴きました。
だからこの曲にはウキウキとした気持ちが重なります。
バッチリ曲の雰囲気を表現したい。
次回は表現の勉強でそれを学びますよ。


2018_10148123
今年の定演のチラシも刷り上がりました。
今年は心弦秀(心弦ショー)です!

新しい楽譜

いつも新しい楽譜をもらうときは新鮮な気持ちになります。
期待感、というんですか?
そういうものを感じます。
ええ、そりゃそうですよね。
まだ弾いたことがないわけだから
弾けるかどうかもわからないって状態ですし。
弾き始めると、「ああ、これはちょっと難敵かも」
なんて思っちゃうわけですけど。


【2018/10/06】
☆ 「練習曲 No.1」
☆ 「練習曲 No.3」
☆ 「Spain」
☆ 「This is me」
☆ 「The Greatest Show」
[注] あまり長く音をのばさない。
[宿] 「練習曲 No.1」「練習曲 No.2」「練習曲 No.3」「Spain」「This is me」「The Greatest Show」


二胡の曲はもともと緩やかで伸びやかなものが多いと思うのですが
我々が弾く曲はそういう曲ばかりではなくて
現代的なリズミカルな曲も多いわけで、
そうなると奏法的には伝統的な感じではなくなります。
むしろヴァイオリンとかに近くなりますね。
それを二胡の弦の間に弓が挟まった状態でやるわけですから
そりゃなかなか難しいわけです。
でも頑張りますよ。
楽しいですからね。(←ここ重要)


2018_10067754
レッスン後はピザでひと休み。

«鬼門は練習曲!

my tweet

最近のトラックバック

MY SITE

blog ranking

FUNNY & CUTE

GOOD TASTE

無料ブログはココログ